自分がリラックスできる場所である家というのはとても大切です。

賃貸を住まいとして選択するメリット

賃貸住宅の利用を考えている方へ

自分がリラックスできる場所である家というのはとても大切です。元々持ち家がある方は別として、そうでない方は一度は賃貸の住宅を利用しているかと思います。賃貸住宅といっても、一戸建ての住宅やアパート、マンションやハイツなど形態は色々あります。所得により家賃が変動する市営住宅など、細かい種類もいくつかあります。

賃貸住宅は貸し主の家を借りて利用することで、毎月家賃や、マンションであれば共益費という建物の維持管理を目的とした費用も支払う必要があります。家を買うとそれなりのまとまったお金が必要だったり、ローンを組まないといけなかったりもするので、その点賃貸は月数万円で利用することができます。賃貸の方が安いと思う方もいますが、やはりメリットデメリットがあります。

メリットとしては、家を購入するよりも安く利用できます。また、貸し主が別にいるので何かトラブルがあったときには貸し主に相談し対応してくれることも多いです。デメリットとして、購入物件だと支払い続けているといつか終わりが来て自分の持ち家になりますが、賃貸ではどれだけ住んでも支払い続ける必要があります。また、借りるとき敷金礼金を支払う場合もあり、家を出るときに家の中が汚れていたり壊れていたりすると補修費用を支払う場合もあります。自分の予算や生活設計をしっかりと検討し、自分に合った家選びをしてください。