都内はどうしても家と家との間隔が狭く、住宅が密集していると言ってもいいと思います。

賃貸を住まいとして選択するメリット

都内の賃貸物件に住んでみて

都内はどうしても家と家との間隔が狭く、住宅が密集していると言ってもいいと思います。それは仕方のないことなのですが、都内の賃貸物件に暮らしてみての感想としては、静かな住宅街とは言っても、やはり通行人の声や車の行き来する騒音というのは聞こえてくるし、1階に住んでいると、ベランダに布団などを干していても、目の前の道を車が通ったりするのは当たり前のため、排気ガスが気になり、果たして布団が綺麗になっているのかが疑問にすら思えるようなこともあります。またアパートのような規模の場合は、確保されている駐輪場が狭く、自転車の台数のほうが多かったりするため、ゆとりがある状態ではなく、何とか停める場所を確保している場合もあります。

大通り沿いに面しているような物件も多く見受けられますが、いくら騒音対策として防音素材を使った物件になっていても、窓を開けてしまえばうるさいし、排気ガスの臭いなどが気になるためなかなか窓を開けられないというのも問題です。また都内は特に郵便ポストにチラシを投函されることが多く、同じチラシが2、3枚入っていることも珍しくはありません。放置していたら郵便物が入らなくなるくらいに溢れてしまうので、こまめに捨てなければならないのは煩わしさを感じます。

注目リンク