賃貸物件に住むということは気を使うこともたくさんあります。

賃貸を住まいとして選択するメリット

賃貸物件に住むということ

賃貸物件に住むということは気を使うこともたくさんあります。持ち家ではないため、壁を汚したり、傷つけたりしないか気をつけなければなりません。最近ではDIYが流行っていますが、賃貸だと壁に穴を開けることは出来ないし、勝手に壁紙を変えたり、接着することもできません。賃貸用に工夫されたDIY製品もあるようなので、そういうものを利用したり、やり方を変えたら賃貸でもDIYを楽しめはしますが、やはり気軽に楽しめるというわけではないため、自由さはないかなと感じてしまいます。またペットを飼いたいと思っても、物件によっては飼えないところもまだまだあり、飼いたいが故に引っ越すという人も少なくはないでしょう。

また持ち家とは違い、数年ごとに契約を更新するような手続きや費用も必要になり、そういう煩わしさみたいなものも感じます。正直に言えば更新料を支払うのはもったいないし、出費がかさんで家計には打撃になるため、なるべくならないほうがいいというのが本音です。しかしながら特に賃貸の需要があるような都内などでは更新料が発生しない物件などないのが現状です。ただメリットとすれば持ち家とは違い、ライフスタイルや気分などにより引っ越せるため、定住や持ち家にこだわりがない人たちには賃貸のほうが暮らしやすいと言えるかもしれません。

注目リンク