賃貸情報の中から気に入った物件を見つけたら、部屋の下見を必ず行いましょう。

賃貸を住まいとして選択するメリット

賃貸の部屋探しでは下見が重要

賃貸情報の中から気に入った物件を見つけたら、部屋の下見を必ず行いましょう。下見をする時は目的の物件を取り扱っている不動産屋に連絡して予約しておきます。いきなり不動産屋に出向いて下見をしたいとお願いしても、担当者が不在で断られることがあるからです。気に入った物件を見つけたら早めに予約するようにしましょう。遅れると他の人が契約してしまうかもしれないからです。

下見をするのは部屋が物件情報に記載されている間取り図通りになっているかを確かめるためです。また物件情報だけからでは分からない細かい部分も確かめることができます。下見に行く前に気になる点や確認するポイントを整理しておくと見落としを防ぐことができます。下見は何度もできませんし時間も限られていますので、チェックポイントを整理しておくことで効率よく確認することができます。

下見に持って行くと便利なのがコンパスとメジャーです。コンパスは部屋の方角を確かめるのに必要です。部屋の方角を測るのは日当たりを確認するためです。曇や雨の日では方角がわからないのであると便利です。メジャーは部屋の寸法を測るのに使います。家具を置く時、引っ越しで荷物を運び入れるときに役に立ちます。

注目リンク